2012年9月24日月曜日

ランタンツリーを買ってみた。

やり方というか、スタイル自体は特に新しいものではありませんが、以前から興味はあったものの購入しようとするとなかなか見つけられなかったので同じく興味のある方に参考になれば。

10年近く使っていいるコールマンのツーバーナーのジェネレーターがだいぶお疲れになってきているのと、朝起きて燃料タンクをポンピングするのに僕もやや疲れてきたので(^^)ガソリンツーバーナーをLPガスで使えるように出来る「Puropan Conberter」なるものをAmazonのアメリカのサイトから購入しました。どうせならLPガスの分岐も出来るしってことで「Distribution Tree」=「Rantern Tree」も合わせてオーダー。家の庭でBBQコンロを使うときにも役に立ちそうだしね。

ガソリンのジェネレーターと届いたLPガスコンバーター。ちょっと短いようにも思いますけど。

取りあえずガスボンベにツリーを接続。アメリカのボンベと日本のボンベでは取り出し口のねじの形状が違っているので変換するアダブターが必要です。我が家では以前購入したBBQコンロ用に用意したもので間に合いました。無事にランタンが点灯しました!

ランタンの下にあるこの二か所のねじ口が分岐用になります。合わせて購入したガスコードをねじ込んで分岐。雄雌なジョイント構造で差し込まない時はガスは出てこない仕組みです。(当り前か(^_^;))

ガスコードを接続したコンバーターをガソリンと同じ位置に差し込んで付属のばねでひっかけて固定します。汚すぎるツーバーナー。前回、塩水でシャコをたくさんゆでままメンテナンスを忘れてました。

 これが今回購入したシステムの全容。(^^)v実はもう一点ツリーのねじ口とBBQコンロをつなぐアダブターがバックオーダーになっています。2~5カ月の納期とのこと。
余りにも汚くサビもひどかったので分解してメンテナンスしました(^_^;)



 水で丸洗いしたので乾かす為にも全開でオン。青い炎で安定しています。もちろん着火マンで一発点火です。
一般的に海外からガス関係の部品を日本に送ってくれるところは少ないようです。その点日本でも良く知られているAmazonが扱っているというのはうれしい誤算です。(AmazonがSellerになっている商品が中心)ただし、取り扱いメーカーが所謂二流どころなってしまい、今回の購入品もやや作りの悪さや安っぽさはいなめいないところ。実際安いから仕方がありませんね。(^_^;)実はツリーとボンベをつなぐジョイント部は若干のガス漏れがありました。パッキンを一枚差し込んで直しましたけど。ちなみに今回のオーダー全てで142ドルほど。バックオーダーの部品と送料込みです。キャンプやBBQで使うのが楽しみです。

2 件のコメント:

北川ミカエル さんのコメント...

わたしも欲しいにゃ、かもしかで見せて下さいな

武馬伸忠 さんのコメント...

タンクからのアダブターが一番問題かも。